白米 千枚田

国道249号を輪島から曽々木に向かう途中、海に向かって広がる約1万2000平方mの斜面に、1000余枚の小さな水田が幾何学模様を描いて並んでいる。階段状に作られたこれらの水田は、耕作地が乏しい土地ならではの工夫が感じられる。春から夏には海に沈む夕日が田に映えて美しく絶好の撮影ポイントとなります。
オーナー制度も行っております。この制度は、米の収穫が第一目的ではなく、千枚田の景観を守りながら稲作を体験し、先人の苦労、生産の喜び、米一粒の大切さを理解していただくとともに、地元の方とオーナー同士の交流による人と人の結びつきを大切にしております。

基本情報